建設業許可 更新手続きの専門サイト。建設業の種類、申請手続きを徹底解説!八王子

工事経歴書 建設業

工事経歴書 建設業

ピン止め青 工事経歴書(様式第二号)には、許可申請直前の1年間における主な建設工事の実績を業種ごとに記載していきます。実績には、完成工事のみならず、着工した未成工事も含まれます。

ピン止め青 工事経歴書を記入していく上での注意点

  • 許可を受けようとする業種ごとに作成する。
  • 工事の種類は、請負工事ごとに判断する。
  • 実績がなくても「なし」と記入して提出する。
  • 経営事項審査を受ける場合と受けない場合とでは記入方法が異なる。


工事経歴書 様式

画像の説明  経営事項審査を受けない場合の見本

画像の説明

ピン止め青 主な完成工事について、請負代金の大きい順に上から記入していきます。続けて、主な未成工事について、請負代金の大きい順に記入します。

ピン止め青 工事の請負代金は消費税込みの金額で、1,000円未満を切り捨てます。

ピン止め青 小計にはページごとに記載した工事の件数、完成工事高、元請工事の合計を記入します。合計欄には、直前1年間に完成した工事の件数及び請負代金の合計を記入します。

画像の説明  経営事項審査を受ける場合

ピン止め青 様式は同じものを使用しますが、下記のような注意点があります。

ピン止め青 まず、元請工事を「元請のみの完成工事高の合計」の7割を超えるところまで請負代金の大きい順に記入します。その次に、それ以外の元請工事と下請工事を記載し、「完成工事高総合計」の7割を超えるところまで請負金額の高い順に記入します。

ピン止め青 請負代金の額の欄で、土木工事一式の場合は( )内のPCに〇をつけ、その下部にプレスとコンクリート工事の請負金額を記入します。また、これが、とび・土工・コンクリート工事の場合は「法面処理」、鋼構造物工事の場合は、「鋼橋上部」に〇をします。


建設業許可 代行

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional