建設業許可 更新手続きの専門サイト。建設業の種類、申請手続きを徹底解説!八王子

指定建設業

指定建設業について

ピン止め青 以下の7業種に関しては、施行技術の総合性などを考慮して「指定建設業」に定められており、特定建設業の許可を受けようとする者の専任技術者は、1級の国家資格者、技術士の資格者もしくは国土交通大臣の特認者でなければなりません。

[土木工事業] [建築工事業] [管工事業] [鋼構造物工事業] [舗装工事業]   [電気工事業] [造園工事業]


ご案内 詳しくは⇒建設業28種詳細


建設業の工事について

ピン止め青 建設業工事28種のうち、「建築一式工事」と「土木一式工事」は他の26種類の専門工事と異なり、総合的な企画、指導、調整の基に土木工作物または建築物を建設する場合の業種です。

ピン止め青 上記のような「一式工事」と「専門工事」は全く別の業種であるため、一式工事の許可を受けていても、他の専門工事を単独で請負う場合は、その専門工事ごとに許可を受けなければなりません。

建設業の許可が必要でない工事でも、他の法律により登録が必要な場合もあります(浄化槽工事、解体工事等)。

ピン止め青 また、建設業許可申請手続きにおいて、誤った分類をして申請をしてしまうと、当然ながら許可が下りない場合もありますのでご注意下さい。


ご案内 詳しくは⇒建設業28種詳細


軽微な建設工事

ピン止め青軽微な建設工事」とは、建設業許可を受けることなく請け負うことが出来る工事であり、ある一定の条件の下に建設業法により定められております。一定の条件とは、1件の請負代金が500万円未満(消費税含む)の工事であれば軽微な建設工事となり、建設業許可を受ける必要がありません。

ピン止め青 ただし、建築一式工事の場合だけは、1件の請負代金の上限が1500万円未満まで良いとされております。また、請負代金の上限に関わらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事(主要構造部が木造で、延べ面積の1/2以上を居住の用に供するもの)であれば許可は必要ありません。

ご案内 詳しくは⇒建設業概要

ピン止め青 上記のことを理解した上で、今後500万円以上の建設工事を請け負う可能性のある建設業者の方は、お早めに許可の手続をご検討されることをお勧めいたします。


建設業許可 代行

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional