建設業許可 更新手続きの専門サイト。建設業の種類、申請手続きを徹底解説!八王子

軽微な建設工事

軽微な建設工事

軽微な建設工事」とは、建設業許可を受けることなく請け負うことが出来る工事であり、ある一定の条件の下に建設業法により定められております。一定の条件とは、1件の請負代金が500万円未満(消費税含む)の工事であれば軽微な建設工事となり、建設業許可を受ける必要がありません。

ただし、建築一式工事の場合だけは、1件の請負代金の上限が1500万円未満まで良いとされております。また、請負代金の上限に関わらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事(主要構造部が木造で、延べ面積の1/2以上を居住の用に供するもの)であれば許可は必要ありません。

上記のことを理解した上で、今後500万円以上の建設工事を請け負う可能性のある建設業者の方は、お早めに許可の手続をご検討されることをお勧めいたします。


建設業許可 代行

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional